どれがいいの?キッチン雑貨を選ぶときのポイントを紹介


包丁は自分の手に合うものがおすすめ

キッチン雑貨の中でも使用頻度の高いアイテムが包丁です。包丁を選ぶときには切れ味や価格を重視する人は多いでしょう。切れ味や価格を基準に包丁を選ぶのも間違いではありません。しかし、切れ味や価格を重視しすぎて「使いやすさ」を疎かにしている人は多いのではないでしょうか。使用頻度の高いものですから、使いやすいものが好ましいと言えます。その使いやすさを基準に選ぶときには、手に取ったときの感覚を大事にすべきです。包丁の柄の部分が持ちやすい形状をしているものは、長時間使用していても疲れにくいというメリットがあります。

フライパンはフッ素樹脂コーティングがおすすめ

フライパンは調理や手入れが簡単なものを選びたいですよね。そのような方におすすめなのが、フッ素樹脂コーティングが施されているフライパンです。フッ素樹脂コーティングを施しているフライパンは、食材がフライパンに付着しにくいので汚れが少ないというメリットがあります。汚れが少なければ、フライパンを洗うときの時間が短くて済みます。また、食材が付着しにくいので、食材の両面を焼きたいときに簡単に裏返すことができるというメリットも得られます。

ただ、使用頻度が高いと、早いうちにコーティングが劣化してしまうケースもあります。そのような状況を考えて、コーティングの再加工を行ってくれるメーカーを選ぶのも良い方法だと言えます。

ボウルはステンレス製のものが好ましい

ボウルを購入する場合はステンレス製のものを選ぶが好ましいです。ステンレス製のボウルは傷がつきにくいので、激しい使い方をしても痛むことがありません。また、ステンレス製のボウルはニオイが移らないというメリットもあります。

キッチン雑貨は、最近種類や、デザインも豊富です。キッチンでお料理を楽しむためにも、自分好みの雑貨を選ぶともっと料理作りが楽しくなります。