juulはどうやって購入するの?リキッドの補充方法やコイルの交換はどうするの?


アメリカから個人輸入して購入する

タバコは吸わないがvapeを利用している人はいるでしょう。日本で買えるリキッドならニコチンも入っていなくて健康面ではタバコに比べると問題は少なそうです。日本では本体の種類やリキッドの種類が少なくさらにニコチン入りが買えないなどの制限がありますが、アメリカはそのあたりの制限がかなり緩くなっています。そこでアメリカで非常に人気があるjuulの購入を検討してみましょう。これまでのvapeに比べるとコンパクトで使いやすく、ニコチン入りのリキッドが使えるのも特徴と言えます。ただこちらは日本では購入できないため個人輸入をしなければいけません。一定額を超えると関税がかかり、リキッドが入ったpodの輸入個数に上限が設定されているので注意しましょう。

他のvapeよりも簡単に使える

vapeは電気の力でリキッドを水蒸気化して、その水蒸気に含まれる香りを楽しむ嗜好品です。利用するには本体とリキッドが必要で、リキッドは液体なので利用時には本体にリキッドを注ぐなどの準備をしなければいけません。さらに消耗品であるコイルを定期的に交換しないといけないなど面倒な部分もあります。アメリカで販売されているvapeにjuulがあり、使い勝手がいいからか非常に人気があります。使い方はリキッドが入ったpodを本体に差すだけで、自分で注いだりする必要はありません。pod内にコイル部分が入っているのでコイルの交換を別途する必要もありません。充電はパソコンなどのUSBから行え、フルチャージしておけば数日は使えます。vapeはやってみたいけど面倒そうと考える人でも簡単に使えるでしょう。

juul(ジュール)は全米で高いシェアを誇る電子タバコです。スタイリッシュなデザインと高い満足度で好評を得ています。