どう使い分けたらいいの?シーンによって異なるメガネの選び方


室内作業が中心の場合の注意点

事務作業などオフィス内作業が中心の人がメガネを購入する場合に注意すべきポイントがフィット感です。メガネが顔にフィットしていないと書類の記入など下を向いて作業をする時にズレて見えにくくなってストレスを感じてしまいます。購入をする時は正面だけでなく下を向いた時に違和感を感じないかを確認することも忘れてはいけません。パソコンを使ったデータ入力などがメインの人はディスプレイから照射されているブルーライトをカットして目の負担を軽減できるタイプが最適です。

屋外でのスポーツや仕事に最適なレンズ

日中の明るい時間帯に屋外で仕事をしたりスポーツやレジャーを楽しむ場合に、太陽からの紫外線で手元や遠くの物が確認しづらい場合に有効な対策法の一つにサングラスがあります。しかし、視力が悪い人は通常のサングラスに視力の矯正も施さなくてはいけないため、費用が高額になってしまうのは否めません。こうした問題を解決してくれるのが紫外線の照射量に応じて色が変化する調光レンズです。メガネを購入する時にこのレンズにすれば、費用を抑えられる上に持ち運びやその都度掛け直す手間を省くことができます。

加齢によって必要になる老眼鏡の選び方

年齢を重ねた時に訪れる視力の悩みの一つに老眼があります。老眼は手元の文字が見えづらくなる症状で、若い時から視力に問題がなかった人でも一定の年齢を過ぎると起こり始めるので注意が必要です。老眼鏡は雑貨店などで気軽に購入できますが、これらの既製品は万人向けに作られているので自分に合った物を見つけ難いというデメリットがあります。合わないメガネは眼精疲労の原因となるので、老眼鏡は専門店で視力検査をして自分だけのオーダー品を作ることが大切です。

メガネ選びで重要となるのは、用途です。運転する時のみなのか、普段からずっとかけるのかによって理想的なものが変わってくるからです。